グループホーム

グループホームとは、認知症高齢者が小規模・少人数の共同生活の場で、食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活を、 パートナー(職員)が生活者とともに行い、一日中家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、 認知症症状の進行を穏やかにし、家庭介護の負担軽減の役割を担っています。

慣れ親しんだ生活様式が守られる暮らしとケア

(束縛のない家庭的な暮らし)

認知障害や行動障害を補い、自然な形でもてる力を発揮できる暮らしとケア

少人数の中で1人1人が個人として理解され受け入れられる暮らしとケア

(人としての権利と尊厳、個人の生活史と固有の感情)

自信と感情が生まれる暮らしとケア

(衣・食・住全般に生活者として、社会人としての行動、役割を回復)

豊かな人間関係を保ち支えあう暮らしとケア

(家族との、擬似家族としての、パートナーとの、地域社会との、入居者同士の)

人と地域とつながりながら支えあうケアライフスタイルです。


生活者の方々は、少人数での共同生活の場で「今できること」を大切にしながら、パートナー(職員)と共に健やかな日常生活を送られています。 また、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で役割や生きがいを持って暮らすことで、認知症症状の進行を緩やかにする効果も得られています。

認知症に効果的といわれる音楽療法・運動療法・園芸療法をはじめ、多彩なレクリエーションなどのプログラムを実践。心身のケアに努めています。

ご本人様やご家族様が希望するケアを日々実践しております。また個別ケアとして近所の散歩から生家訪問、日帰り旅行やカラオケなど、 お一人ずつご希望を伺い、1対1の個別対応を行っております。

レインボー西宮にて開催されるイベントや地元自治会などの地域行事に積極的に参加し、ホームだけでなく地域社会とのつながりを深めています。

施設のご案内へ▶▶ | ご利用料金へ▶▶